BINGOの日本語歌詞は英語の歌詞と全然違う意味

この記事でわかること•BINGOの日本語アレンジ歌詞
•BINGOの英語の歌詞と意味
•BINGOの歌い方
 
らく先生
英語の童謡で遊び歌として人気の”BINGO”。
日本語歌詞と英語の意味について詳しく解説します。
スポンサーリンク

日本語歌詞は直訳ではない

ここでわかることBINGOの日本語歌詞

日本語歌詞=替え歌

他にもある日本語歌詞

 
らく先生
英語の童謡「BINGO」の日本語歌詞は直訳ではないんです。

BINGOの日本語歌詞

ビンゴ ビンゴ 知ってるかい
子犬の名前はビンゴ
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
ビンゴはかわいいね
(作詞:志摩桂)

たのくん
たのくん

これ学校で歌ったよ。英語を直訳したんじゃないんだ。

 
らく先生
この歌詞は日本独自の替え歌なのよ。

日本語歌詞=替え歌

この日本語歌詞は英語の原曲を直訳したものではなく、完全アレンジ版。

言わば替え歌です。

日本では外国由来の童謡にアレンジ歌詞をつけることが多くあり、BINGOもその一つです。

この歌詞が正式な日本語歌詞として何かに登録されているというわけではありません。

あくまで“BINGOを日本語で歌うときの一例”のようです。

 
らく先生
作詞者の志摩桂さんは色々な外国の童謡に日本語アレンジ歌詞をつけています。

小学校などで広まった

この日本語アレンジ歌詞は小学校などで歌われています。

明確な時期は不明ですが、大体2000年頃から。

小学校低学年の英語の授業などで、アルファベットを勉強するために歌われるようです。

たのくん
たのくん
原曲のままじゃ英語が難しいから日本語で習うのかな?
 
らく先生
そうかも。楽しくアルファベットに親しむために考えられたみたいね。

違う日本語歌詞もある

別バージョンの日本語アレンジ歌詞もあります。

大人気のSUPER JOJOの動画の一つです。

かわいい ワンワン
名前はビンゴ
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
かわいいビンゴ

たのくん
たのくん
遊び歌だから、楽しく歌えれば何でも良さそうだね。
スポンサーリンク

BINGOの英語歌詞と和訳

ここでわかることBINGOの英語歌詞

英語歌詞の和訳

name-oの意味

 
らく先生
BINGOの英語の歌詞のname-oについても解説しています!

英語の歌詞

There was a farmer (who) had a dog,
and Bingo was his name-o.
※B-I-N-G-O
    B-I-N-G-O
    B-I-N-G-O
And Bingo was his name-o.

・歌詞は6回繰り返す
・※の部分がだんだんと変化
・(who)は省略して歌われている

英語歌詞の和訳

犬を飼っていた農夫がいたよ
その犬の名前はビンゴだよ
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
犬の名前はビンゴだよ

たのくん
たのくん
日本語の歌詞全然違うじゃん
 
らく先生
日本語歌詞は言わば替え歌ね
たのくん
たのくん
ところでname-oってどういう意味?
 
らく先生
これはBINGOの“O”の韻を踏んでるのよ。

name-oの意味

英語の童謡は節目の終わりの音を統一して、韻を踏むことが多いです。

この曲も韻を踏むためにnameにoがついています。

たのくん
たのくん
日本の童謡は韻を踏むことを意識しないから不思議な感じだね。
 
らく先生
和訳も“o”で終わらせてみたけど日本語だとちょっとしつこいわね。
豆知識

“ABCの歌”も韻を踏んでいる

「LMNOP」と走るように歌っているのは韻を踏むためです。

詳しくは記事をチェックしてみてください。
【ABCの歌についての記事↓】

ABCの区切り方は変わった|今はLMNOPが一般的

BINGOの歌い方【動画】

遊び歌として人気のBINGO。

歌い方を動画を交えて解説します。

B-I-N-G-Oで手を叩く

「BINGO」は手を叩いて歌う遊び歌。

どんな遊び歌かは文章より動画がわかりやすいです。

・同じ歌詞を6回歌う

・繰り返すたびに“BINGO”のアルファベットを一文字ずつクラップ(手を叩く)に変える

 ①B-I-N-G-O
 ②×-I-N-G-O
 ③×-×-N-G-O
 ④×-×-×-G-O
 ⑤×-×-×-×-O
 ⑥×-×-×-×-×
 ×=クラップ(手を叩く)

・最後には“BINGO”=全てクラップ

BINGOはメジャーな遊び歌

BINGOは「Bingo Song」と言われることもあります。

英語を話す国では昔から人気でよく知られている童謡です。

どこ発祥か、誰が作ったのかははっきりしません。

英語の歌詞も色々なバージョンがあると言われており、替え歌もたくさん作られているようです。

 
らく先生
日本のディズニーの英語教材では、PLUTOの名前をBINGOのように歌うものもあるのよ。
たのくん
たのくん
5文字のものだったらなんでもできそうだね!
スポンサーリンク

BINGOの日本語歌詞は完全アレンジ

この記事でわかったこと•BINGOの日本語歌詞と英語歌詞は全然違う


•BINGOの日本語歌詞=完全アレンジの替え歌

•日本語歌詞は正式なものがあるわけではない

•日本語のアレンジ歌詞は数十年前から小学校などで歌われるようになった

英語の童謡「BINGO」の日本語版は完全にアレンジされた歌詞。

楽しくアルファベットに親しむために生まれた替え歌のようなものです。

これはあくまで替え歌の一つという捉え方でOK。

これが絶対ということではないので、色んなもので替え歌を考えてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク