CATEGORY

ことわざ

  • 2021年2月24日
  • 2021年2月24日

時間の大切さを表すことわざ4選|それぞれの意味や使い方を解説

時間の大切さを意味することわざは複数あり、様々な場面で使い分けることができます。中でも「時は金なり」「光陰矢の如し」「歳月人を待たず」「送る月日に関守なし」は日常で使いやすいことわざです。それぞれの表す意味は以下の通りです。 時は金なり 刻々と過ぎ去る時間はお金と同じように大切なものなので、有効に活 […]

  • 2021年2月4日
  • 2021年2月4日

時間の大切さを表すことわざ「送る月日に関守なし」の意味と使い方

時間の大切さを表すことわざのひとつ「送る月日に関守なし(おくるつきひにせきもりなし)」は「時間が過ぎるのを止めてくれる番人は誰もいない」という意味です。「時間の流れは止めることができず、猛烈なスピードで過ぎ去るものであるため、大切にしなくてはならない」という格言としても使われます。 ※「月日に関守な […]

  • 2021年2月1日
  • 2021年2月2日

時間の大切さを表すことわざ「歳月人を待たず」の詳しい意味と使い方

時間の大切さを表すことわざのひとつ「歳月人を待たず(さいげつひとをまたず)」は、「時は人の都合などかまわずに、どんどん過ぎていくものである」という意味です。「時間は人の都合など考えずにどんどん過ぎていき、二度と戻らないのだから、大切にしなくてはならない」という意味を込めた格言でもあります。日本での使 […]

  • 2021年1月28日
  • 2021年2月1日

時間の大切さを表すことわざ「光陰矢の如し」の詳しい意味と使い方

時間の大切さを表すことわざのひとつ「光陰矢の如し(こういんやのごとし)」の意味は「時間が過ぎるのは放たれた矢のように早い」です。一度放たれた矢は止めることも、戻すこともできないことから「時間はあっという間に過ぎ、二度と取り戻すことができないため、何もせずに過ごすことなく大切にしなくてはならない」とい […]

  • 2021年1月14日
  • 2021年2月17日

時間の大切さを表すことわざ「時は金なり」の詳しい意味と使い方

時間の大切さを表すことわざのひとつ「時は金なり(ときはかねなり)」は、「刻々と過ぎ去る時間はお金と同じように大切なものなので、有効に活用すべきである」という意味です。時間を浪費してしまっている人に対してや、自分自身が時間を大切にできていないと感じた時などに使うのが良いでしょう。また、時は金なりの語源 […]