2人目以降のひな祭り|1人1組が原則の雛人形の飾り方を解説

ひな祭りの雛人形には女の子のけがれを移し、身代わりとなってくれる役割があります。
「1人の女の子を厄から守ってくれる」と考えられているので、次女三女と女の子が誕生した場合、それぞれ1組の雛人形を用意し、お祝いするのが基本とされているのです。

しかし、それはあくまで理想であり、現在の住宅のスペースの問題などから雛人形を女の子の人数分用意することが難しい場合もあります。
ひな祭りのお祝いで大切なのは、毎年家族でその年の子供たちの健康や幸せを願い、厄を払うひな祭りという行事を楽しむことです。あまりこだわりすぎず、家庭にあった方法で子供達のひな祭りのお祝いをするのが良いでしょう。

この記事では、2人以上の女の子がいる家庭のひな祭りの雛人形はどうするのが良いのか、詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2人目以降の女の子の雛人形は1人1組が基本

ひな祭りは女の子の健やかな成長を祈り、健康でいられるようにお願いする行事です。雛人形には女の子のけがれを移し、身代わりとなってくれる役割があります。

その雛人形は「1人の女の子の身代わり」として厄から守ってくれる存在であり、その人だけのものです。
そのため次女、三女と、新たに女の子が生まれた場合は長女のもので済ませてしまうのではなく、新しくその子供のために厄を払い、身代わりとなってくれる存在としての雛人形を用意し、お祝いするのが適切だと言われています。

 

スポンサーリンク

姉妹のひな祭りのお祝いの仕方

雛人形は1人の女の子の身代わりのため、姉妹にはそれぞれ用意する必要があるとは言うものの、現代の住宅事情などを考えるとなかなか難しいという家庭も多いのではないでしょうか。

長女と同じような雛人形を2つも用意出来ないという場合は、どのようにして2人目以降、次女や三女のお雛祭りのお祝いをしてあげたら良いのか、いくつかの例をご紹介していきます。

 

コンパクトな雛人形を買う
長女の誕生の際には、大きく立派な雛人形を購入する家庭が多いと思いますが、二人目以降も全く同じようなものを買うと、毎年飾るのも大変になってしまいます。
そこで、最近では2人目以降の女の子のための、コンパクトな手軽に飾ることが出来る雛人形が増えてきています。
ちょっとした飾り物として、ひな祭りの際に長女のものと一緒に飾ってあげると良いでしょう。

●「市松人形」を買う
長女には雛人形、次女三女には市松人形を贈る風習がある地域もあります。ひな祭りの厄を移す身代わりの人形は雛人形だけではないという考え方です。

市松人形は、江戸時代に活躍した女性に大人気の美貌の持ち主、歌舞伎役者の佐野川市松をモデルに作られた人形です。佐野川市松のようにきれいな子に育ってほしいという願いを込めて飾られるようになったと言われています。

この市松人形にも雛人形と同じように子供の厄を移す身代わりとしての意味があると言われているため、2人目以降の女の子が生まれた際に贈られるようになったと言われています。

●名前旗やオルゴールを買い、お雛様は共有にする
雛人形の飾りものの1つとして、姉妹の名前旗やオルゴールを用意し、雛人形と一緒に飾ることで、雛人形を2人のものとして共有するスタイルをとる家庭も多いです。
共有するのは良くないこととは言われていますが、あくまで基本の話であり、あまりこだわりすぎる必要はないでしょう。無理に2つの雛人形を購入し、飾ることが億劫になってしまっては元も子もありません。大切なのは家族みんなで子供たちの幸せを祈り、厄を払う行事を楽しむことです。

この場合も、次女の時には何も用意せず、ただ長女の誕生の際に購入した雛人形を飾るというのではなく、次女の誕生を機会に、姉妹2人分の名前旗や雛飾りのオルゴールを購入し、この雛人形は2人のためのものであるという意味を込めてあげるのが良いでしょう。

 

長女には立派な雛人形なのに、次女には小さな雛人形や別の人形で、姉妹で差がついてしまうのがかわいそうだ、という家庭もあるかと思います。
その場合は「どちらも2人のもの」であり、姉妹を見守ってくれている存在であるという位置付けで、ひな祭りのお祝いをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

●雛人形を自分の娘に引き継ぐのは良くないこと

雛人形は結婚した際に嫁入り道具として一緒に持っていく人も少なくないようです。その雛人形を、自身の娘に引き継ごうと考える人もいるようですが、それは良くないことだと言われています。

前述した通り、雛人形は「1人の女の子の身代わり」として厄やけがれから守ってくれる存在であり、あくまでその人だけの身代わりです。つまり、雛人形は一生その人のものであるということが変わらない、引き継げないものなのです。

結婚して家を出る際に雛人形を持っていった場合は、親の代わりに自分自身で厄ばらいを続けるように変化していくということです。

 

 

雛人形は1人の女の子の身代わりとして、けがれをはらい、その子の健やかな成長を見守ってくれる存在です。
姉妹の場合はそれぞれに用意し、ひな祭りのお祝いをしてあげるのが基本の考え方であるため、2人目の女の子が生まれた際には、その子のためにもう一つ雛人形を用意するのが良いとされています。
しかし、それはあくまで行事としての理想であり、そこにこだわりすぎる必要はありません。

大切なのは、毎年家族でその年の子供たちの健康や幸せを願い、厄を払うひな祭りの行事を楽しむことにあります。

別の人形を用意する、雛飾りに思いを込めるなど、それぞれの家庭にあった方法でひな祭りのお祝いをするのが良いでしょう。

 

 

ひな祭りに関する別の記事もよろしければご覧ください。

ひな祭りの由来について↓

ひな祭りの由来|子供にわかりやすい説明と大人向けの詳しい説明

 

ひな祭りを飾る年齢や飾る時期について↓

ひな祭りの決まり事|お祝いする年齢と雛人形を飾る期間を解説

 

 

スポンサーリンク
ひな祭り 2人目 次女
最新情報をチェックしよう!