時間の大切さを表すことわざ4選|それぞれの意味や使い方を解説

時間の大切さを意味することわざは複数あり、様々な場面で使い分けることができます。中でも「時は金なり」「光陰矢の如し」「歳月人を待たず」「送る月日に関守なし」は日常で使いやすいことわざです。それぞれの表す意味は以下の通りです。

時は金なり

刻々と過ぎ去る時間はお金と同じように大切なものなので、有効に活用すべきである

光陰矢の如し

時間はあっという間に過ぎ、二度と取り戻すことができないため、何もせずに過ごすことなく大切にしなくてはならない

歳月人を待たず

時間は人の都合など考えずにどんどん過ぎていき、二度と戻らないのだから、大切にしなくてはならない

月日に関守なし

時間の流れは止めることができず、猛烈なスピードで過ぎ去るものであるため、大切にしなくてはならない

ここでは、それぞれのことわざの意味や適した使い方について、詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

時間の大切さを表すことわざ4選

時は金なり

時は金なりとは「刻々と過ぎ去る時間はお金と同じように貴重なものなので、有効に活用すべきである」という意味が込められたことわざです。詳しい意味やどんな時に適しているのか、また語源となった「Time is money」に隠された深い意味についても解説しています。

時間の大切さを表すことわざ「時は金なり」の詳しい意味と使い方

光陰矢の如し

光陰矢の如しとは「時間はあっという間に過ぎ、二度と取り戻すことができないため、何もせずに過ごすことなく大切にしなくてはならない」という意味が込められたことわざです。時間を弓で射られた矢に例えて、その大切さを伝えています。詳しい意味や使う場面について詳しく解説しています。

時間の大切さを表すことわざ「光陰矢の如し」の詳しい意味と使い方

歳月人を待たず

歳月人を待たずとは「時間は人の都合など考えずにどんどん過ぎていき、二度と戻らないのだから、大切にしなくてはならない」という意味が込められたことわざです。今を楽しく生きることを伝えたい時に適していることわざです。詳しい意味や使う場面について詳しく解説しています。

時間の大切さを表すことわざ「歳月人を待たず」の詳しい意味と使い方

送る月日に関守なし

送る月日に関守なしとは「時間の流れは止めることができず、猛烈なスピードで過ぎ去るものであるため、大切にしなくてはならない」という意味が込められたことわざです。「月日に関守なしと」言う場合もあります。詳しい意味や使う場面について詳しく解説しています。

スポンサーリンク
時間 大切 ことわざ
最新情報をチェックしよう!