小泉進次郎のセクシー発言の意味や真相とは?DaiGoも動画で解説

2019年9月22日に小泉進次郎環境相が、

アメリカニューヨークの国連本部で開かれた

環境関連会合に出席した際にした発言が話題となっています。

その発言は

「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」

というもの。

日本人の私たちにはよく意味がよくわからず

「何言ってるの?」

と戸惑ってしまう言い回しのため、否定的な意見が殺到しています。

このニュースが報道された後、メンタリストDaiGo(ダイゴ)さんが

この発言に至った経緯や意味についての動画を配信しており、

非常にわかりやすかったです。

今回は小泉進次郎さんのセクシー発言がされたワケや意味についてと

DaiGoさんの動画のご紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

小泉進次郎環境相「セクシー」発言の背景と意味

セクシーの意味は?

私たち日本人はセクシーと聞くと性的なイメージを思い浮かべます。

しかし、英語でのセクシーは性的なイメージのほかに

「ワクワクする」

「魅力的」

という意味があります。

当然ここで小泉進次郎氏がつかいたかったのは

「ワクワクする」「魅力的」

の方です。

「気候変動、環境問題をワクワクするように魅力的に取り組むべきだ」

と言っているのですね。

マスコミ等報道する側は、その意味を知っているはずなのですから、

セクシーの部分も和訳したら良いのに…と思ってしまいました。

前後の発言ややりとりを抜かしてここだけ切り取ると

意味が分かりませんが、つまりは

「機構問題のような大問題は難しいし、取り組みにくい。

若い人たちが鍵になってくる。

取り組みやすくするにはもっと楽しく、

ワクワクするようなものにしていく必要がある。」

と言っており、

環境問題に若い世代に興味を持ってもらうにはもっと

この問題に取り組むことは楽しいワクワクするものだ

という認識が広がるように取り組んでいかないといけないと思っている

という発言をしていると解釈ができます。

小泉進次郎氏セクシー発言の真相って?

まずは話題になったニュース動画をご紹介します。

セクシー発言ニュース動画はこちら↓

ANN newsCHより

こちらは小泉進次郎氏が会見で

「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」

 と発言したことが放送されたテレビ朝日のニュース動画です。

ロイター通信でも取り上げられているとしています。

“本当に意味不明”

”カッコつけたいだけ”

という意見が多く上がりました。

しかし、この動画はかなり切り取られたもので

全て見てみると「セクシー」は小泉進次郎氏が考え出し発言したものではない

ということがわかります。

セクシー発言の発端は…

環境問題に対して、セクシーという言葉を使い出したのは

この会見の際に小泉進次郎氏の隣に座っている

コスタリカの外交官クリスティアナ・フィゲレス氏です。

フィゲレス氏は数年前からセクシーという言葉を使っているようで

説明の仕様上表現が悪くなり申し訳ありませんが、今回の会見の際にも

小泉進次郎氏にセクシーという単語を使わせたのはフィゲレス氏です。

小泉進次郎氏は

「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」

 という発言をする前に、

「気候変動について取り組むには全てが楽しくなければならない、

そしたら彼女(フィゲレス氏)がセクシーもねと付け足したのです。」

という発言をしています。

わかりやすい動画がこちら↓

「楽しいものでなくては」

と発言したらフィゲレス氏が

「(私がいつも使っている)セクシーもね」

と言った、という流れがあったんですね。

スポンサーリンク

DaiGoが解説!セクシーがとり上げられるワケ【動画】

今回の小泉進次郎氏のセクシー発言が大きく話題になり

批判が多く挙がっている点について

メンタリストDaiGoさんが解説する動画をアップしています。


今回の報道が不自然に切り取られてされたワケ

上に書いたようなセクシーの意味について

詳しく解説されていて非常に分かりやすいので紹介させていただきます。

DaiGoさんの小泉進次郎氏のセクシー発言についての動画↓

解説にある通り、確かに

批判的な意見が集まりそうなニュースを報道した方が

盛り上がる・注目されていると思います。


もし、今回のセクシーを切り取ったニュースの報道の仕方が

そう言った意図があってされたものであったら


ニュースを見る私たちは本当にマスメディアに操作されてしまっているんだな

と少し恐ろしさを感じますね。

小泉進次郎氏の発言の注目すべき点

今回の「セクシー」発言については、隣のフィゲレス氏の発言が

あたかも小泉進次郎氏の発言のようにされ、

かっこつけている・意味不明というような

報道がされてしまったものだというのが分かりました。

今回は「セクシー」に注目が集まってしまいましたが、

もっと注目すべき点があるという指摘も多くされています。

それは

小泉進次郎氏の発言には具体案がない

というもの。

「セクシーという単語を使うことよりも重要なのはそっちだ」

という意見も多くあり、

取り上げるべき点がずれていると、マスコミに対する意見も多く見られています。

まだ任命から日が浅いので

これからというところでしょうか。

小泉進次郎氏の今後の発言にも注目していきたいですし、

マスコミの情報は私たちを操作してる、何が本当かわからないということを

改めて感じるニュースだったと思います。

スポンサーリンク
会見 政治家
最新情報をチェックしよう!