くだものたろうの歌詞の意味|おかあさんといっしょ2020年5月の歌

この記事でわかること

•くだものたろうの歌詞と意味

•この歌に関する豆知識

 
らく先生
2020年5月の月の歌「くだものたろう」についてまとめています!

くだものたろうの歌詞と意味

ここでわかること

•くだものたろうの歌詞

•込められた意味

 
らく先生
くだものたろうの歌詞に込められた意味・ねらいについて解説します。

くだものたろうの歌詞

ももからうまれた
ももたろう

ばななからうまれた
ばななたろう

いちごからうまれた
いちごたろう

さくらんぼからうまれた
さくらんぼたろう

くだものたろうがあつまって
おにたいじには  いきません
おしくらまんじゅう するのです

ぎゅう ぎゅうぎゅう
(ぎゅうぎゅう)
ぎゅう ぎゅうぎゅう
(ぎゅうぎゅう)

おしくらまんじゅう
おされてなくな

だけどなみだがでてきちゃう
みんなのなみだがまざったら
ミックスジュースができました

なしからうまれた
なしたろう

りんごからうまれた
りんごたろう

ぶどうからうまれた
ぶどうたろう

ぱいなっぷるからうまれた
ぱいなっぷるたろう

くだものたろうがあつまって
さあ おにさんもごいっしょに
おしくらまんじゅう するのです

ぎゅう ぎゅうぎゅう
(ぎゅうぎゅう)
ぎゅう ぎゅうぎゅう
(ぎゅうぎゅう)

おしくらまんじゅう
おされてなくな

だけどなみだがでてきちゃう
みんなのなみだがまざったら
ミックスジュースができました

(かんぱい!)

(作詞:おくはらゆめ 作曲:ペアグラウンド)

 

たのくん
たのくん
先月のうららとは全然雰囲気が違って面白い歌だね!

込められた意味

歌詞の意味はそのままで、とにかく楽しく面白い歌。

みんなでおしくらまんじゅうして出た涙からミックスジュースができるなんて想像もしない展開の歌詞です。

『くだものたろう』の歌詞は子どもにひらめきと学びを与えてくれます。

•くだものを覚えることができる

•ミックスジュースの意味を知る

•おしくらまんじゅうって何?と疑問を持つ

•“鬼”から昔話『桃太郎』との関連に気づく

など

【楽しく歌を聴いているうちに自然といろんなことを連想したり考えられる】

くだものたろうはそんな歌です。

 
らく先生
お母さんお父さんは子どもがこの歌から感じたことに耳を傾けてみましょう!
スポンサーリンク

くだものたろうの豆知識

ここでわかること

•桃太郎との関係

•おしくらまんじゅうの意味

桃太郎のパロディ

『くだものたろう』はタイトルから分かる通り、昔話『桃太郎』のパロディのような歌詞になっています。

最初はわかりにくいですが、歌詞に鬼が登場することで子どもも気がつくかもしれません。

もし子どもが『桃太郎』の話を知らない場合はこの歌をきっかけに昔話を聞かせてあげるといいかもしれません。

おしくらまんじゅうの意味

おしくらまんじゅうは数人で背中合わせで腕を絡ませて組み、押したり引いたりするもの。

『くだものたろう』の歌詞の中にもある通り「おしくらまんじゅうおされてなくな」と掛け声をかけて行います。

これは体を温めるためにするもので、勝ち負けなどはありません。

歌詞にも掛け声にも「泣く」とある通り、いろんな人の力が働くと思ったよりも激しく揺さぶられます。

たのくん
たのくん
結構痛いときあるよね。
豆知識

漢字は【押し競饅頭】です。

•競=くらべる
•饅頭=みんなで団子のように集まって

このことから当初は押し比べをする物だったようです。

くだものたろうは面白楽しい歌

この記事でわかったこと

•くだものたろうの歌詞の意味はそのまま

•楽しく聴いているうちにいろんなひらめきが生まれるというねらいがある歌

•くだものたろう=桃太郎のパロディ

•おしくらまんじゅうは押しあって体を温めるもの

くだものたろうは子どもたちが楽しく聴いていろんなひらめきが生まれる、そんな歌です。

子どもと楽しく歌ってみましょう!

スポンサーリンク