妊婦の便秘改善に実際に効果があった食べ物や飲み物|体験談

妊娠中に多くの人が悩む「便秘」…ただでさえお腹が苦しかったり、気持ちが悪かったりするのに、さらに便秘になると、毎日本当に辛いですよね。妊婦でも飲むことができる便秘の薬などもありますが、なるべく食べ物や飲み物で改善していきたいと考える人も多いと思います。

そこで、この記事では、妊娠初期から便秘に悩まされた私の実体験を元に、実際に効果のあった食べ物・飲み物・食生活習慣について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

実際に試してよかった!妊娠中の便秘に効く食べ物

妊娠中は初期から後期まで便秘に悩む人が多いと言います。これまで便秘だった人はなおさら、そうでなかった人も苦しい便秘に悩まされることがあり、「良いという物はなんでも試してみたい」という気持ちになると思います。
できれば薬やサプリメントに頼りたくないという人や、飲んでもいまいち効果がないという人のために、実際に試してみて便秘改善に効果のあった食べ物や飲み物を紹介したいと思います。

カスピ海ヨーグルト

便秘といえばヨーグルトを思い浮かべると思いますが、中でも効果があったのがカスピ海ヨーグルトです。普通のヨーグルトよりも酸味が少なく、粘り気があり、乳酸菌が生きたまま腸まで届くと言われています。
以前から普通のヨーグルトを食べていましたが、妊娠を機に便秘になってしまったため、カスピ海ヨーグルトを食べるようにしたところ、すぐに改善し驚きました。たまに普通のヨーグルトを食べると調子がいまいちになったため、またすぐにカスピ海ヨーグルトに戻すようにしました。

カスピ海ヨーグルトは市販の物がありますが、普通のヨーグルトより100円ほど高いので、もし食べてみて効果があった場合は手作りして続けていくのがおすすめです。

オリゴ糖

オリゴ糖は乳酸菌と共に摂ると効果がアップするということを聞いたので、ヨーグルトに入れて食べてみたところ、便の質が良くなりました。人によってはお腹がゴロゴロしてしまう場合があるようですが、試してみても良いと思います。
サプリメントのような物やシロップ状の物など様々あります。価格帯も色々とありますが、「妊婦さんも安心して食べられる」という物を選ぶと良いと思います。
●私が試したはコチラ↓

オリゴのおかげダブルサポート(500g)【イチオシ】【オリゴのおかげ】

価格:903円
(2020/2/17 12:04時点)
感想(79件)

ドライプルーン

プルーンも便秘改善に効果がある食べ物の定番です。ドライフルーツになっているものが手に入りやすいのでおすすめです。
私は1日1〜3粒程度をヨーグルトに入れて食べました。当初はヨーグルト+バナナだけでも効果があったのですが、お腹が大きくなるにつれて、思うように出ない日があったため、プルーンを入れてみたところ、かなり効果がありました。
また、妊娠中に甘い物が食べたくなった場合は、体重増加や糖分の取りすぎなどを気にして、おやつに悩むこともあると思いますので、ドライプルーンをおやつの代わりにしても良いかもしれません。

個人的なおいしいおすすめプルーンは、カルディコーヒーファームとコストコのプルーンです。どちらも粒が大きく、しっかりした味があり、美味しいです。

くだもの屋さんの プルーン 180g[税率8%]

価格:238円
(2020/2/17 12:13時点)
感想(16件)

【送料無料】ドライフルーツ サンスイート 種抜きプルーン 大容量1.58kg コストコ大容量で超お得です!★嬉しい送料無料★

価格:2,380円
(2020/2/17 12:10時点)
感想(7件)

バナナ 

バナナも便秘改善に効果があると言われる食べ物です。1本食べるとお腹がかなりいっぱいになりますし、糖質もフルーツの中では高めなことが気になったため、朝半分だけをそのまま食べたり、ヨーグルトに入れたりして食べました。食べた日と食べない日では質が違ったので、効果があったのだと思います。

★ここまでのカスピ海ヨーグルト+オリゴ糖+ドライプルーン+バナナを併せて食べるとかなり効果があるのでおすすめですよ。

 

納豆

納豆に含まれている納豆菌が腸内環境を整えてくれ、食物繊維も豊富である、というのをテレビで見たため、週5日は食べるようにしました。納豆は徐々に腸内環境を整えてくれるイメージなので、食べ続けることに意味があるようです。私の姉も便秘で悩んでいましたが、「納豆は効果がある!」と毎日食べています。

オリーブオイル

オリーブオイルは腸に吸収されにくいため、便をするんと出してくれる効果があります。「小さじ1程度をそのまま飲む」という方法もありますが、油をそのまま飲むのは抵抗がある人も多いと思います。野菜を炒めたり、お肉を焼いたりする際に積極的に使うなどして毎日摂ってみると良いと思います。個人的には納豆に小さじ1程度入れるのがおすすめです。

デカフェ/カフェインレスコーヒー・コーヒー

コーヒーが便秘解消に効くというのは有名ですよね。私はもともと、妊娠前には朝必ず飲む習慣があったので、便秘知らずだったのだと思います。
ただ、コーヒーにはカフェインが多く含まれているので、妊娠中に飲むのは抵抗があるという人も多いと思います。私もコーヒーを飲むのは抵抗がありましたが、妊娠中期に入った頃に突然2、3日便意がこなくなり、苦しくて辛い時にカフェインレスコーヒーを飲んでみたところ、すぐに解消されました。

コーヒーの便秘解消効果について調べてみたところ、カフェインのおかげという説も、カフェインがなくても効果があるという説もどちらもあり、明確なことはわかりませんでした。ただ、私自身が飲んでみたコーヒーはカフェイン99.7%カットのコーヒーでしたので、カフェインがなくてもコーヒーは便秘には効くのかもしれません。即効性を求める場合に、試してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

実際に試してよかった!便秘解消に効く食生活習慣

便秘解消のためには食べる物も大切ですが、その食べ物を摂るタイミングなどの生活習慣も重要です。そこで、実際に試して「よかった」と思う習慣をご紹介します。

朝起きたら白湯を飲む

白湯は、一度水をポットややかんなどで沸かしたあと、50度くらいまで冷ました飲物のことです。腸は朝が1番動きが活発になるため、朝起きてすぐに白湯を飲むと、お腹が温まり動きがよくなり、さらに温かい白湯が便を柔らかくしてくれます。よく、冷たい水を飲むと良いというのも聞きますが、かえってお腹を刺激して動きが悪くなってしまうこともありますし、妊婦さんはあまりお腹を冷やさない方が良いため、白湯の方がおすすめです。

炭水化物を食べすぎない|野菜、肉、卵などもバランス良く食べる

妊娠中はつわりなどで、食べられるたべものが限られる人も多いと思います。そんな時にバランスの良い食事というのは、なかなか難しいものですが、偏った食生活は便秘を招くということを身を持って実感しました。特に炭水化物を大量に摂るとより便秘が悪化するということがわかりました。
私自身、妊娠前は野菜や鶏胸肉・大豆製品・玄米が大好きで、あまり白米や麺類などを食べませんでしたが、つわり中はなぜか炒飯、焼きそば、パスタ、ラーメンなど、普段あまり食べない「炭水化物」ばかりが欲しくなり、たくさん食べました。その結果、便秘になってしまい妊娠初期はとても苦労しました。同じ炭水化物でも食物繊維を多く含む、さつまいもを食べるようにしたり、焼きそばやパスタに大量にキャベツなどの野菜をたくさん入れようにした結果、少しずつ改善していきました。

妊娠中は食べられる物は人それぞれです。自分の食べられる物の中で、できるだけ野菜、肉、卵、大豆製品などをバランス良く摂るように心がけるだけで、お腹の調子は変わってきますよ。



妊娠中の便秘に実際に効果があった食べ物や飲み物について紹介させていただきました。全ての人に効果があるとは言えませんが、何か自分に合った改善方法を見つけるヒントになれば良いなと思います。

妊娠中の便秘は辛いですが、食べ物や飲み物で、ある程度改善していくことは可能です。何で効果を感じられるかは、人それぞれですので、ヨーグルトなどの乳酸菌がたくさん含まれたものや、食物繊維が多いと言われるプルーンを食べる、腸に良いと言われる生活習慣を試してみるなど、良いと言われていることは積極的に試してみるのがおすすめです。

ただ、本当に辛い場合は、病院で相談してお薬を出してもらうなど、我慢しないで対処してもらうのが良いでしょう。
少しでも苦しい便秘の症状を改善して、快適なマタニティライフが送れると良いですね。

スポンサーリンク
妊婦 便秘 食べ物
最新情報をチェックしよう!