時間の大切さを表すことわざ「光陰矢の如し」の詳しい意味と使い方

時間の大切さを表すことわざのひとつ「光陰矢の如し(こういんやのごとし)」の意味は時間が過ぎるのは放たれた矢のように早い」です。一度放たれた矢は止めることも、戻すこともできないことから「時間はあっという間に過ぎ、二度と取り戻すことができないため、何もせずに過ごすことなく大切にしなくてはならない」という格言としても使われます。
あっという間に過ぎる時間の大切さを誰かに伝えたい時、時の流れを早く感じた時、過去の過ぎ去った時を感慨深く感じた時、未来に関して時間を大切にしたいと思った時に適したことわざです。
ここでは「光陰矢の如し」の詳しい意味と、ふさわしい使い方を例文と共にわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

「光陰矢の如し」の意味をわかりやすく解説

時間の大切さを表すことわざ「光陰矢の如し」時間が過ぎるのは放たれた矢のように早い」という意味です。また、一度放たれた矢は止められず、戻すこともできないため、「時間はあっという間に過ぎ、二度と取り戻すことができないため、何もせずに過ごすことなく大切にしなくてはならない」というメッセージも込められており、格言としても使われます。
「光陰」とは月日や時間、「矢」は弓で射られた矢の事を指します。日々過ごしていると、時の流れが早いという事を実感しにくいものですが、後から振り返ってみると「もうこんなに時間が経っていたのか」と驚く事も少なくないでしょう。そして、あっという間に過ぎてしまった時間を思い返し、「あの時に戻して欲しい」などと思うこともあるかもしれません。しかし、誰もが知っている通り、時間を戻すことは、決して出来ません。
このことわざは、時間は放たれた矢のように早く過ぎ去り、二度と戻すことができないため、大切にするべきであるということを短い言葉で表しています。

スポンサーリンク

「光陰矢の如し」の使い方|例文と共に解説

光陰矢の如しを使う場面

光陰矢の如しは、あっという間に過ぎ、戻すことのできない「時間」の大切さを誰かに伝えたい時、未来に関して時間を大切にしたいと思った時に格言として使うと良いでしょう。また、時の流れを早く感じた時、過去の過ぎ去った時間を感慨深く感じた時にも適しています。

例文

それぞれの場面の例文は以下の通りです。

●あっという間に過ぎてしまう時間の大切さを伝えたい時
父 「高校生になったんだから、そろそろ将来何をしたいか考えて、それに向けてできることをやっていくと良いよ。」
息子「昨日入学したばかりだよ?あと3年もあるからやりたいことはゆっくり考えるよ」
父 「光陰矢の如し、そう言ってるうちにすぐ進路を決める時期になるよ。色々なことに触れて自分のやりたいことを見つけられたらいいね。」

●未来に関して時間を大切にしたいと思った時
Aさん「入社して5年はあっという間に過ぎたな…」
Bさん「光陰矢の如し、きっと次の5年もあっという間だから、時間をだらだらすることに使わないで、スキルアップのために活用しないとね。」

●時の流れを早く感じた時
「中学に入学したのはついこの前のことだと思ったら、もう卒業するの!?光陰矢の如しとはこのことだね…」

●過去の過ぎ去った時を感慨深く感じた時
「プロジェクトが始まって2年、ついに完了しました。この2年は光陰矢の如しでした。」

このページのまとめ

時間の大切さを表すことわざのひとつ「光陰矢の如し(こういんやのごとし)」の意味、伝えることが出来るメッセージ、使う場面は以下の通りです。時間の大切さを一言で表したい時に、ぜひ参考にしてください。

意味

時間が過ぎるのは放たれた矢のように早い

伝えられるメッセージ

時間はあっという間に過ぎ、二度と取り戻すことができないため、何もせずに過ごすことなく大切にしなくてはならない

使う場面

・あっという間に過ぎ、戻すことのできない「時間」の大切さを誰かに伝えたい時
・未来に関して時間を大切にしたいと思った時
・時間の流れを早く感じた時
・過去の過ぎ去った時間を感慨深く感じた時

 

スポンサーリンク
時間 大切 ことわざ 光陰矢の如し
最新情報をチェックしよう!