スカーレット朝ドラモデル神山清子?実在する陶芸家で骨髄バンクにも貢献

2019年9月30日からスタートしたNHK朝の連続ドラマ「スカーレット」

がスタートしました。



初回の視聴率は20%を超え好調な滑り出しのスカーレットですが、

今回のストーリーが実話なのかどうか気になりますよね。

今回はスカーレットのあらすじやタイトルの意味などもご紹介しつつ

スカーレットのヒロイン、川原喜美子のモデルが

存在するのか書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

スカーレットはどんなドラマ

スカーレットのあらすじ

まず、「スカーレット」のヒロイン川原喜美子は戸田恵梨香さんが演じています。

作品の舞台は滋賀県・信楽(しがらき)。

戦後まもなくに大阪から信楽にやってきた川原喜美子は両親と二人の妹と暮らし。

家は貧しく、喜美子は幼いながらも一家の働き手となります。

 
 

喜美子は15歳から大阪の下宿屋で女中として働いた後、

3年後に信楽に戻り、地元の信楽焼にひかれ、

男性ばかりの陶芸の世界に飛び込んでいきます。

 
 

結婚・出産後も、仕事も家庭のことも一生懸命にこなし、大好きな陶芸にいそしみます。

どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることはなく、

喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく…

というストーリーのようです。

タイトル「スカーレット」の意味

作品タイトルの「スカーレット」とは「緋色(ひいろ)」という意味で、

黄色味のある鮮やかな赤っぽい色です。

緋=火に通じていて、陶芸作品における理想の色のひとつだと言います。

また、今回のタイトルについてオフィシャルサイトでは

「陶芸では、窯をたく炎が勝負。熱く燃えるような、情熱的な人生につながる」

と説明されており、ヒロインが陶芸を通して送る

熱い情熱的な人生を描いていくことを意味しているようです。

作品の脚本はドラマ「ホタルノヒカリ」「母になる」などを手がけた

水橋文美江さんが担当しており、

主題歌「フレア」はSuperflyが歌っています。

スポンサーリンク

スカーレットのモデルはいないって本当?

NHKによると今回の朝の連続ドラマ「スカーレット」は

オリジナルストーリーとのことで、モデルはいないとされています。

しかし、ドラマの制作にあたっては

陶芸家の神山清子(こうやまきよこ)さんを取材し、

これまでに経験されたことや陶芸家としてのあり方等から

影響を受けているとのことです。

これはモデルがいるということでは?

と思ってしまいましたが、

NHKは

「ドラマでは登場人物を含めて全く異なる展開を多く盛り込んでいく予定のため、

神山さんの半生をドラマ化しているわけではありません」

とし、

あくまで参考に話は聞いたが、神山さんについてを語るドラマではない

ということを強調しています。

陶芸家、神山清子さんとは?

ここからは神山清子さんについてご紹介させていただきます。

名前:神山清子(こうやまきよこ)

生年月日:1936年8月2日(2019年現在 82歳)

出身:長崎県佐世保市

幼少時代は、父親の仕事の都合で九州、近畿などの各地を転々としていました。

佐世保の炭鉱で監督をしていた父・繁さんは

朝鮮から連れてこられた徴用工を助けたことから警察に追われることになり、

小学2年生のころに一家で滋賀県へ逃げています。

その後、11歳(1947年頃)の時、陶芸の里・信楽町(しがらきちょう)に

移り住んでいます。

地元の中学校を卒業後は和洋裁学校へ進学、

陶器の絵付け助手として勤務しました。



“絵付け”をする女性もまれのため、できないものと決めつけられ、

いじめにもあっていたようです。


しかし、神山さんは陶器に関わる仕事を諦めず、

陶器会社「近江化学陶器」に入社し、絵付けの仕事を続けました。


21才のときには、この会社の男性と結婚、

翌年に長女・久美子さんを、25歳のときに長男・賢一さんを授かり、

2児の母になっています。


1963年神山清子さんが27歳の時に古代穴窯がある工房をつくり独立。

そして独自の焼成方法で「信楽自然釉」(しぜんゆう)を生み出しました。

27歳の時に独立し、途絶えていた古信楽の再現に成功。

当時は女性が窯場に入ることは「穢れる(けがれる)」と言われていて、窯焚きする女性はいませんでした。

けれど神山清子さんは女性が誰も踏み入れていない領域に進み道を切り開きました。

周囲の風当たりがすごかったことは想像でき、本当にすごいことだと思います。

この頃、夫が住み込みの弟子の女性と家を出て行きました。

たびたび家を空けていた夫は清子に手を上げようとしたこともあり

夫との関係はなかなかうまくはいっていなかったようです。


子供達との関係はとてもよかったようで、

手を上げようとした夫の前に息子の賢一さんが立ちはだかり、

「僕は母さんと姉ちゃんとでがんばる。父さんいなくてもいい」

と言い放ったといいます。

しかし、夫がいなくなった一家の生活は厳しいもので、

清子さんは何回も自殺を考えるほど困窮、やがて食べ物がなくなり、

庭の畑でとれた野菜などで飢えを凌いだと言います。

娘の久美子さんからの「お母さん、もうお父さんのことは忘れて仕事をして」

という言葉にも救われたという話もあります。

2人のお子さんはとてもお母さん思いで素敵ですね。

1975年39歳の頃には、「信楽自然釉(しがらきしぜんゆう)」を発表し、

釉薬(うわぐすり)という薬品を使わずに自然の美しい色を醸し出す

古の信楽焼を甦らせました。

1990年、2月。陶芸の道を進み始めた賢一さんが慢性骨髄性白血病を発症、

『神山賢一君を救う会』も結成されました。

清子さんたちは白血病のドナー探しに苦労したことから、

熱心に骨髄バンクの必要性を訴える活動をし、

1991年12月日本初の公的骨髄バンク「骨髄移植推進財団」の設立に貢献しました。

賢一さんは一度は移植により回復してきていたようですが、

1992年4月21日、31歳でこの世を去りました。

神山清子さんはについては半生を描いた本、

『母さん子守歌うたって–寸越窯・いのちの記録』が出版され、

さらにその本は映画にもなりました。




こうしてみると波乱万丈の人生を送ってきた神山さんですが、

行動力のある芯の通った、強い生き方をしてきた日本の女性として

本当に素晴らしく思います。

今回のスカーレットでも、多くの場面で

神山さんの人生や人柄を参考にした場面があるのかと思うと本当に楽しみですね。

スポンサーリンク

最後に

スカーレットはあくまで、オリジナルの作品であり、

ストーリーも神山清子さんの半生を描いたものではないとされてはいますが、

多くの場面で神山さんの人生や生き方、人柄が参考にされていくと思われます。


主演の戸田恵梨香さんがどのように演じてくれるのか、

どんなストーリーになるのか

これから楽しみですね。

スポンサーリンク
陶芸家 朝ドラ
最新情報をチェックしよう!