浦島太郎伝説の実話の内容を解説|本当の話では有能な豪族だった

浦島太郎の話は多くの人が知っていると思いますが、伝説ではなく本当の話であると言われているのはご存知でしょうか。私たちがよく知っている浦島太郎は、いじめられている亀を助けたところ、海の中の竜宮城に連れて行かれ、そこで乙姫にもてなされ、帰ってきて玉手箱を開けたらおじいさんになってしまうというような話ですが、実話とされている浦島太郎では、浦島太郎は有能な豪族であり、乙姫に導かれて行ったのは竜宮城ではなく中国の蓬莱山、玉手箱の中身はお化粧道具でした。そして最終的に、浦島太郎は神様に仕える有能なリーダーと評価されたとされています。

この記事では、浦島太郎伝説のあまり知られていない「本当の話」について詳しく解説してしていきたいと思います。

スポンサーリンク

実話とされる浦島太郎の内容と詳しい解説

実話とされる浦島太郎のあらすじ

まずは、実話とされる浦島太郎の話の流れを簡単に紹介します。

昔あるところに、浦島太郎というその地域で力を持った有能な豪族がいました。浦島太郎はある日、海で釣りをしていると亀が引っ掛かり、その亀を吊り上げたところ女の人に変身しました。この女の人の名は「乙姫」でした。
乙姫は浦島太郎に、中国にある「蓬莱山」へ行くように促しました。この蓬莱山は、古代中国では不老長寿の仙人が住んでおり、不老不死の願いがかなう不思議なパワーを秘めている場所として知られていました。蓬莱山に存在する秘薬を求めて、秦の始皇帝も城を建てたと言われており、「不老不死の夢」を叶えられる、人間の憧れの場所とされていました。
乙姫の言う通り、蓬莱山に行った浦島太郎はそこで、交易を行い中国から日本に様々な物を持ち帰り、日本に新しい文化や物を届けました。浦島太郎が日本についたのは数年後、浦島太郎自身は年を取り、周囲の様子もすっかり変わっていました。その後、浦島太郎は中国との交易を行った功績が評価され、「玉手箱」を使い「神様に仕える特別な人」として周囲に崇められる存在となりました。

おおよその流れを紹介しました。私たちがよく知る、
【いじめられていた亀を助け→亀に竜宮城に連れて行かれる→乙姫をはじめとした美女にもてなされ→お土産に絶対に開けてはいけない玉手箱を持って帰り→玉手箱を開けたらおじいさんになってしまった】という浦島太郎の話とは、かなり内容が異なりますね。

では、ここからは実話とされる浦島太郎について詳しく解説していきます。

浦島太郎は浦嶋子という名前

浦島太郎の本当の名前は浦嶋子(うらしまこ)でした。浦島太郎が実話だったと言われている理由は「日本書紀」に、浦島太郎について記述があるためですが、その日本書紀には「浦嶋子(うらしまこ)」という名前で登場しているのです。「子」というと女の人なのかと思ってしまいますが、古く日本では「聖徳太子」「小野妹子」などに「子」がつくことからわかるように、男の人に「子」をつけていました。

浦島太郎は航海術に優れた豪族だった

昔話の浦島太郎といえば、ごく平凡なお兄さん(漁師と言う説もあり)をイメージすると思いますが、実話での浦島太郎こと浦嶋子は、航海術に非常に優れ、海外との交易を積極的に行った、有能な豪族であったとされています。
浦嶋子のお墓だとされている丹後半島の大風呂南墳墓の出土品である、ガラスの釧(手首などにはめるアクセサリーみたいなもの)は、当時日本には作る材料も技術もなく、中国で作られ、持ち帰られたと考えられています。そのことから浦嶋子は巧みな航海術で、日本海から東シナ海に出て、積極的に中国とも交易を行った「やり手の豪族」であったことが分かります。それを象徴するかのように浦嶋子の墓は船の形をしています。
昔は一度航海に出ると数年は帰ってくることができなかったため、帰ってくると周囲の様子は一変していました。中国に渡り、帰ってきた頃には浦嶋子も年をとっており、まさに「浦島太郎状態」になっていました。「竜宮城から帰ってきて玉手箱をあけたらおじいさんになった」という話は、そこからできたと考えられます。

浦島太郎の玉手箱の中身はお化粧道具だった

浦島太郎の話に出てくる玉手箱とされるものが、京都の浦嶋神社に保管されています。昔話の中では、その玉手箱を開けると中から煙が出てきて、浦島太郎はおじいさんになってしまいますが、実際の玉手箱の中身は、髪をとくためのクシ、小物入れ、鏡などのお化粧道具でした。なぜ男性の浦島太郎がお化粧道具セットの玉手箱を渡されたかと言うと、古く日本では化粧をする=神様に仕えるという意味があり、化粧で顔を変えると聖なる力が宿ると言われていたためです。つまり浦島太郎は神様に仕えるために化粧道具を渡されたのです。実在する浦島太郎はそれほど、有能なリーダーであると認められていたと言うことになります。

スポンサーリンク

実話の浦島太郎の教訓

私たちがよく知る浦島太郎の話は、竜宮城で楽しく過ごしている間に実はものすごい年月が経ってしまっており、玉手箱を開けるとおじいさんになってしまった、という結末から「うまい話には必ず裏がある」ということ教訓としているかのような、少しネガティブなイメージの結末です。
しかし実話の浦島太郎は、中国に行き交易を行い、帰ってくる頃にはかなりの年月が過ぎていたことは同じですが、乙姫から得た情報をもとに中国に渡り、交易の発展に貢献すると言う大きな功績を残し、人々にリーダーとして認められ、神様に仕える存在になったという結末から、「立派なことをして功績を残すと大きな評価が得られる」ということが表されているのです。



浦島太郎は立派な功績を残して評価されたリーダー

実話の浦島太郎の話や人物像をまとめると以下の通りになります。
浦島太郎の名前は浦嶋子だった。
●浦島太郎こと浦嶋子は巧みな航海術によって、中国に渡り積極的に交易を行った有能な豪族だった。
●玉手箱の中身は、化粧道具であり、神様に仕える準備に使う重要なものだった。
●中国などの海外に一度航海に出ると、帰ってくるころには、かなりの年月が経過しているため、その間に浦島太郎自身も、周囲の状況も変わっていたことから「玉手箱を開けるとおじいさんになった」という伝説ができた。
●浦島太郎は海外交易にの発展に貢献したとして評価され、神に仕える特別な人物として周囲に崇められる存在になった。

私たちがよく知っている浦島太郎は、いじめられている亀を助けたところ、海の中の竜宮城に連れて行かれ、そこで乙姫にもてなされ、帰ってきて玉手箱を開けたらおじいさんになってしまうというような話ですが、実話の浦島太郎は、乙姫から得た情報をもとに中国に渡り、交易の発展に貢献すると言う大きな功績を残し、人々にリーダーとして認められ、神様に仕える存在になったという「立派なことをして功績を残すと大きな評価が得られる」ということが表されている、ひと味違ったとても素晴らしい話なのです。

 

スポンサーリンク
浦島太郎 実話 本当の話
最新情報をチェックしよう!