CATEGORY

年中行事

  • 2020年2月12日
  • 2020年2月15日

こどもの日のお祝いは何をするのか最近の一般的な過ごし方を紹介

こどもの日に何をしたら良いのか、お祝い事としてするべきことがあるのか、気になる人もいると思いますが、特に「何をする」という決まりはありません。同じ日の行事である、「端午の節句」には、いくつかの決まった風習があるため、現在は端午の節句の風習をこどもの日の風習として、お祝いするというのが一般的な過ごし方 […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月15日

こどもの日の食べ物の意味と由来|関西はちまきで関東は柏餅が定番

こどもの日や端午の節句の食べ物と言えば、ちまきや柏餅が浮かぶ人が多いと思います。ちまきにはけがれや厄を払う意味があり、柏餅には子孫繁栄を願う意味があります。どちらもこどもの日や端午の節句のお祝いにふさわしい、縁起の良い食べ物です。 一般的にちまきは関西で、柏餅は関東で食べられています。それぞれ意味は […]

  • 2020年2月3日
  • 2020年2月3日

こどもの日の菖蒲湯の意味や由来と体に良い効果について解説

こどもの日や端午の節句に入る菖蒲湯には、どのような意味や効果があるのでしょうか。菖蒲湯には厄除けと、季節の変わり目に風邪を引いたり体調を崩すことなく、この夏を迎えられますように、と無病息災を祈る意味が込められています。菖蒲は昔からけがれを払う役割があると言われており、また古くから漢方に使われるなど、 […]

  • 2020年2月1日
  • 2020年2月5日

こどもの日の鯉のぼりの意味や由来|鯉の色は家族を表している

5月5日のこどもの日に飾られる鯉のぼりには、子供が健やかに強くたくましく育ってくれますように、社会に認められ出世しますようにという願いが込められています。昔から鯉は生命力が強く、たくましい縁起の良い生き物として、また、立身出世の象徴として扱われてきました。そんな縁起の良い鯉にあやかり、鯉のぼりが飾ら […]

  • 2020年1月30日
  • 2020年2月5日

こどもの日と端午の節句の意味や由来|もともとは別の行事だった

5月5日はこどもの日ですが、端午の節句とは元々別の行事であり、それぞれ由来があるということをご存知でしょうか。こどもの日は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかると共に、母に感謝する日」として1948年に制定された祝日であり、端午の節句は、男の子をけがれや厄から守り、健やかな成長を祈る日本に古 […]

  • 2020年1月17日
  • 2020年1月17日

ひな祭りの歌詞の間違いと本当の意味|怖いと言われる理由も

ひな祭りに歌われる「たのしいひなまつり」には、2箇所間違いがあるという事をご存知でしょうか。 1つ目は、最上段の二人のうちの男性を「お内裏」、女性を「お雛様」と歌っているところです。ただしくは「お内裏様」で最上段の男女2人を指し、お雛様で雛人形全体のことを指しています。 2つ目は、赤い顔をしている方 […]

  • 2019年12月27日
  • 2020年1月10日

人に教えたくなるひな祭りの話5選|歌の誕生秘話・驚きの決まり事

毎年お祝いしている「ひな祭り」について、由来や食べる食べ物の意味などは、あまり詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。 ひな祭りは、雛人形に女の子のけがれを移し、身代わりになってもらうことで、今年1年の健康を祈る行事です。長い年月をかけて、だんだんと現在のような風習が出来上がったと言われる […]

  • 2019年12月20日
  • 2019年12月23日

2人目以降のひな祭り|1人1組が原則の雛人形の飾り方を解説

ひな祭りの雛人形には女の子のけがれを移し、身代わりとなってくれる役割があります。「1人の女の子を厄から守ってくれる」と考えられているので、次女三女と女の子が誕生した場合、それぞれ1組の雛人形を用意し、お祝いするのが基本とされているのです。 しかし、それはあくまで理想であり、現在の住宅のスペースの問題 […]

  • 2019年12月19日
  • 2019年12月21日

ひな祭りの由来|子供にわかりやすい説明と大人向けの詳しい説明

ひな祭りの由来を子供に聞かれた時にわかりやすく説明するには、ひな祭りは雛人形に女の子のけがれを移し、身代わりになってもらうことで、今年一年の健康を祈る行事であるというポイントを簡単な言葉で伝えるのが良いと思います。 「ひな祭りは〇〇ちゃんが今年一年健康でいられますようにってお願いするためのお祝いごと […]

  • 2019年12月16日
  • 2020年1月9日

ひな祭りの決まり事|お祝いする年齢と雛人形を飾る期間を解説

ひな祭りのお祝いを始めるのは生まれてからすぐが良いとされていますが、終わりには特に決まりがありません。 ひな祭りは、雛人形を飾ることで「厄よけ」や「けがればらい」をし、女の子の健やかな成長を祈る行事です。 そのため、自分の娘を大切に思い、ひな祭りのお祝いをすることで守ってもらいたいという思いがある限 […]