マザー牧場GW2023年の混雑状況|駐車場や渋滞情報も調査!

この記事でわかること

・マザー牧場2023年のGWのスケジュール

 

・マザー牧場2023年GWの混雑状況

 

・駐車場の混雑&渋滞情報

 

・GW期間中の混雑を避ける方法

千葉の広大な土地に広がる人気観光スポット『マザー牧場』。

都心から遠くなく、たくさんの自然や動物と触れ合えるためGWにはたくさんの人で賑わいます。

 
この記事で、2023年GWのマザー牧場の混雑情報をチェックしてから出かけるのがおすすめですよ。
近隣のGW混雑状況もチェック!

東京ドイツ村

 

木更津アウトレット

 

鴨川シーワールド

スポンサーリンク

 

マザー牧場2023GW期間&営業時間

マザー牧場はGWが1年のうちで最も混雑する時期です。

そのため、開園時間がいつもより早めになります。

●マザー牧場の2023年GW期間

 

=4月29日(土)〜5月7日(日)

 

●GW中の営業時間

 

=7時/8時〜17時

2023年のマザー牧場のGW期間は9日間です。

GWのような混雑が予想される時期は、開園時間が普段よりも早くなり朝7時からオープンです。

GWの中でもオープン時間が7時/8時の2パターンがあるので注意しましょう。

→詳しくはマザー牧場公式サイトでチェック

ちなみに、普段の営業時間はこちら。

・休日=9時〜17時

・平日=9時30分〜16時30分

※12〜1月は時短営業

スポンサーリンク

マザー牧場2023GWイベント情報

マザー牧場では、GWならではの早朝イベントや季節の人気イベントが楽しめます。

●早朝イベント

・GW限定!ひつじの出勤タイム&大放牧

早朝にオープンしているGWのみの限定イベントです。

朝のひつじたちののびのびとした姿や、大放牧を見ることができます。

GW限定朝食メニュー

朝早くから訪れる人が多数ということで数量限定の朝食メニューも販売されます。

GWにしか味わうことのできない朝食は10時までの限定販売です。

2022年は自家製ホットドックや、マザー牧場の苺のフルーツサンドなどマザー牧場ならではの食材を使ったメニューでした。

●季節のイベントも人気!

・いちご狩り

いちご狩りは春のマザー牧場の大人気イベントです。

5月の下旬頃までの開催なので、GWを利用して訪れる人が多数です。

・ネモフィラ

4月から見ごろを迎える80万本ものネモフィラは、GWも見頃の予想。

早朝の澄んだ空気の中で写真撮影などをするのがおすすめです。

マザー牧場GW2023の混雑状況

GWのマザー牧場は「1年の中で1番混む時期」とスタッフの人も話すくらい多くの人が訪れます。

混雑具合をまとめると

・GWはいつもに比べるとかなり混雑している。

 

・人気イベントはすぐに受付終了。

 

・食べ物を買う&飲食店は並ぶ。

 

・行き帰りが一番混む。

GWはいつもと違って混雑する

普段のマザー牧場は広大な敷地のため、あまり混雑を感じることはありません。

しかし、GWは1年で一番混雑するということもあり、さすがに混雑を感じます。

ただ、人が多すぎて通ることができないような混み方ではないので、他のレジャースポットと比べると、混雑疲れはなさそうです。

食べ物を買う&飲食店は並ぶ

園内に人が散らばっていても飲食コーナーやお土産屋さんには人が集中するので、かなり混雑します。

軽食を買うのに、ディズニーランドのアトラクションくらい並ぶという口コミがあるほどの行列ぶり。

お昼ご飯はランチの時間帯を避ける、お弁当を持参するなど対策をして考えて行くことをおすすめします。

 
空腹のまま過ごすのは辛いので、何か軽く食べられるものは持って行ったほうが良さそうですね。

人気イベントは30分〜1時間で受付終了

いちご狩りや、ひつじの大放牧などのイベントは開園時に受付がスタートします。

GWは早ければ開園30分で受付終了となってしまう程の争奪戦です。

もしGWにイベント参加希望の場合は、開園と同時に受付するような気持ちで行きましょう。

行き帰りの混雑がすごい

GWのマザー牧場で最も混んでいるのは行き帰りの道路です。

後ほど【駐車場混雑&渋滞情報】で詳しく紹介しますが、朝6時半頃から渋滞がスタートしている道路もあります。

GWらしい混雑ぶりで、「行き帰りに最も体力を奪われた」と言う口コミが多数ありました。

スポンサーリンク

マザー牧場の駐車場混雑&渋滞情報

ここでわかること

・駐車場混雑はどのくらいなのか

 

・GWの渋滞情報

マザー牧場は、園内よりも駐車場の方が混雑します。

そして、さらに大変なのは行き帰りの道路渋滞です。

ここではそれぞれの混雑具合を詳しくお伝えしていきます。

駐車場は9時には満車の場合も

●マザー牧場駐車場情報

・収容台数=4000台

 

・料金=普通車1000円/日

 

・場所=山の上駐車場、まきば駐車場、マザー牧場東駐車場【3カ所】

マザー牧場の駐車場はかなり広く、3つの駐車場があるため、普段はなかなか満車にはなりません。

休日でも駐車場で混雑を感じることはあまりありません。

しかし、GWのマザー牧場の駐車場は早朝から混雑します。

そして、早ければ朝9時頃に満車になることも。

車で行く場合はやはり朝早くから出かける必要がありそうです。

ちなみにチケット売り場も行列ができる混雑具合です。

GWのマザー牧場は早朝から楽しんでいる人が多いです。

そのため、午後2時過ぎくらいになると駐車場が空いてきている場合も

出入りの多数のため、駐車場内には誘導スタッフの方が立っていてスムーズに駐車できるようです。

ただ、それでも駐車場に入るまでに1時間以上の待ち時間が発生しています。

渋滞は朝6時台から

混雑情報でも触れましたが、駐車場よりも何よりも混雑するのは、行き帰りの道路です。

マザー牧場がある千葉県には他にもたくさんのレジャーなどの人気スポットがあります。

・鴨川シーワールド

 

・木更津アウトレット

など

そのためアクアラインなどの渋滞は朝6時頃には始まっています。

他、マザー牧場の駐車場前の道路も大混雑で、1〜2時間程度渋滞にはまることもあります。

GWにマザー牧場に出かけた人が口々に言うのは

「渋滞が辛かったけど満喫できた」

「渋滞に時間を取られたけど楽しかった」

という言葉です。

行き帰りは大変ですが、園内では比較的混雑を感じず楽しむことができるので、それを楽しみに渋滞に耐える必要がありそうです。

 

GWのアクアラインの渋滞は3時間以上という口コミが多いです。

中には5〜6時間かかったという人も

GWは渋滞情報をこまめにチェックして動いた方が良さそうですね。

渋滞のためGWのマザー牧場は諦めたと言う人も多数いました。

マザー牧場GW2023混雑回避法

GWのマザー牧場は多くの人が訪れるので、基本的には空いている時間はありません。

ただ、少しでも混雑を避けられるならそれに越したことはないですよね。

ここでは、GWのマザー牧場の混雑ピークを避ける方法を紹介します。

とにかく朝早く行く

少しでも混雑を避ける方法は『早く行く』に限ります。

GWのマザー牧場は早く行ったもの勝ちです。

前述の通り、基本的にマザー牧場の駐車場は開園30分前からオープン。

その時間に到着していれば、駐車場の混雑も比較的避けることができます。

園内のイベント受付も早朝のうちに締め切られますが、早めに到着していれば申し込みも可能です。

朝早くから行って早く帰れば、帰りの混雑も避けることができるのでおすすめです。

昼ごろから混んでいくということなので、混み出して少ししたら帰るくらいがちょうど良いかもしれません。

 
朝早くに来ていれば、昼過ぎには満足できそうですよね。

5月1日、2日や最終日に行く

2023年のGWは最大9連休ですが、5月1日、2日は休みを取らなければ平日です。

学校などは休みの場合もありますが、基本的には登校日のはずです。

もし、1日や2日が休みの場合はどちらかに行ったほうが確実に混雑は緩和されているので、おすすめです。

注意

休みをとっている人も多数のため、普段の休日よりは混み合っています。

2022年の情報によると、5月5日は比較的空いていたようです。

5月6日は平日だったため、翌日学校や仕事の人が多くいました。

次の日のことを考えて最終日は出かけない人が多かったのか、少しだけ混雑具合が落ち着いていました。

2023年も、GWの最終日などに行くと他の日よりは混雑も落ち着き、渋滞もなさそうです。

マザー牧場は宿泊やツアーもおすすめ

GWにマザー牧場に行く場合はホテルなどの宿泊もおすすめです。

前日から周辺ホテルなどに宿泊すれば朝の渋滞も心配せずに楽しむことができます。

マザー牧場ではグランピング施設もオープンしましたが、人気のため予約困難な状況。

ホテルなどの周辺宿泊施設ならグランピングよりも余裕を持って予約できますよ。

ただ、GW近くになると、ホテルなども予約でいっぱいになる場合が多いので、予約するなら早めがおすすめ。

気になる場合は、楽天トラベルでマザー牧場周辺宿泊施設の情報をチェックしてみてくださいね。

日帰りツアーもある

マザー牧場は車以外にバスで行くことができます。

個人でバスで行くのも良いですが、GWは他の観光スポットも回れるツアーもおすすめです。

マザー牧場の入場券付きで、いちご狩りや昼食に浜焼きが楽しめるようなツアーが多数あります。

例えばこんなツアーがあります

・マザー牧場入場券付き

 

・いちご狩り

 

・海鮮浜焼き

 

・ハチミツ採取&瓶詰め体験

 

=8,480〜10,480円

ツアーで予約すればいちご狩りや昼食がついているので、当日混雑の心配をしなくてもOKなのが良いですね。

こちらもぜひチェックしてみてください!

マザー牧場は2023年のGWも大人気

この記事でわかったこと

・マザー牧場の2023年GWは4月29日〜5月7日の9日間。

 

・GWは早朝7時からオープン!

 

・GWならではの早朝イベントや、春ならではのいちご狩りなどが魅力。

 

・GWのマザー牧場は周辺道路と駐車場の混雑がすごい。

 

・マザー牧場園内は広いので人は多くても混雑はあまり感じない。

GWのマザー牧場は多くの人で賑わいます。

園内よりも行き帰りの混雑度合いがすごいので、朝早めにいきましょう。

朝暗いうちから起きて行くのはちょっと…という場合は前日からホテルなどに宿泊して行っても良さそうです。

紹介した混雑状況や回避法を参考に、ぜひGWのレジャーを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク