• 2020年2月7日
  • 2020年2月15日

こどもの日の食べ物の意味と由来|関西はちまきで関東は柏餅が定番

こどもの日や端午の節句の食べ物と言えば、ちまきや柏餅が浮かぶ人が多いと思います。ちまきにはけがれや厄を払う意味があり、柏餅には子孫繁栄を願う意味があります。どちらもこどもの日や端午の節句のお祝いにふさわしい、縁起の良い食べ物です。 一般的にちまきは関西で、柏餅は関東で食べられています。それぞれ意味は […]

  • 2020年2月5日
  • 2020年2月5日

安産祈願に行く時に役立つ豆知識|服装や時期の決まり事を解説

妊娠中の安産祈願は妊婦さんやそのご家族にとって重要な行事です。初めて安産祈願にいく際には、わからないことなどがたくさんあると思います。 ●服装…はどんなものが良いの?●腹帯…どうやって持っていくのが良いの?●時期…決まりはあるの?戌の日でないといけないの?●付き添い…誰といくのが一般的なの? などの […]

  • 2020年2月3日
  • 2020年2月3日

こどもの日の菖蒲湯の意味や由来と体に良い効果について解説

こどもの日や端午の節句に入る菖蒲湯には、どのような意味や効果があるのでしょうか。菖蒲湯には厄除けと、季節の変わり目に風邪を引いたり体調を崩すことなく、この夏を迎えられますように、と無病息災を祈る意味が込められています。菖蒲は昔からけがれを払う役割があると言われており、また古くから漢方に使われるなど、 […]

  • 2020年2月1日
  • 2020年2月5日

こどもの日の鯉のぼりの意味や由来|鯉の色は家族を表している

5月5日のこどもの日に飾られる鯉のぼりには、子供が健やかに強くたくましく育ってくれますように、社会に認められ出世しますようにという願いが込められています。昔から鯉は生命力が強く、たくましい縁起の良い生き物として、また、立身出世の象徴として扱われてきました。そんな縁起の良い鯉にあやかり、鯉のぼりが飾ら […]

  • 2020年1月31日
  • 2020年1月31日

武蔵小杉近くの100円ショップ4店の行き方と品揃え情報

武蔵小杉駅周辺の100円ショップをお探しでしょうか。駅周辺には4店舗ほどあります。 このページでは武蔵小杉駅から徒歩で行くことができる100円ショップの行き方や、東急東横線とJR南武線、JR横須賀線からの所要時間についてお伝えしていきたいと思います。   ダイソー イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店|大 […]

  • 2020年1月30日
  • 2020年2月5日

こどもの日と端午の節句の意味や由来|もともとは別の行事だった

5月5日はこどもの日ですが、端午の節句とは元々別の行事であり、それぞれ由来があるということをご存知でしょうか。こどもの日は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかると共に、母に感謝する日」として1948年に制定された祝日であり、端午の節句は、男の子をけがれや厄から守り、健やかな成長を祈る日本に古 […]

  • 2020年1月24日
  • 2020年1月26日

安産祈願は誰と行くべきか|1人で行っても大丈夫なのか

安産祈願は誰と行ったら良いのか悩む人もいると思いますが、基本的に誰と行っても大丈夫です。付き添いに関して特に決まり事はありません。一般的には、夫婦か妊婦さんが実母と行くという人が多いようです。妊婦さんが1人で行くというのも問題はありませんが、具合が悪くなってしまった場合などを考えると、あまりおすすめ […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月24日

安産祈願はいつ行くのが良いのか|仏滅でも戌の日以外でも大丈夫

安産祈願は基本的には仏滅に行っても問題ないと言われています。なぜなら、神社の参拝や祭事と、大安や凶などを表す「六曜」は関係がないと言われており、仏滅に安産祈願をしたからといって縁起が悪いということにはならないと考えられているためです。つまり、「安産祈願を縁起の良い戌の日に予定していたら、仏滅だった」 […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年3月28日

安産祈願は6ヶ月目でも大丈夫|5ヶ月目の戌の日以外でも問題なし

安産祈願は5ヶ月目に行うものであるという風習がありますが、必ずそうしなければ、安産祈願の効果得られないということではありません。都合や体調によって6ヶ月になっても、どの時期に行っても問題ありませんのでご安心ください。また、戌の日が縁起の良い日と言われていますが、これもこだわりすぎる必要はありません。 […]

  • 2020年1月17日
  • 2020年1月17日

ひな祭りの歌詞の間違いと本当の意味|怖いと言われる理由も

ひな祭りに歌われる「たのしいひなまつり」には、2箇所間違いがあるという事をご存知でしょうか。 1つ目は、最上段の二人のうちの男性を「お内裏」、女性を「お雛様」と歌っているところです。ただしくは「お内裏様」で最上段の男女2人を指し、お雛様で雛人形全体のことを指しています。 2つ目は、赤い顔をしている方 […]