• 2020年1月24日
  • 2021年9月17日

安産祈願は誰と行ってもOK|1人や気を使う人とはおすすめしない

安産祈願は基本的に誰と行っても大丈夫です。 義両親を誘うべきという決まりはありませんし、上の子を連れて行っても大丈夫です。 1人で行くのも問題はありませんが、具合が悪くなってしまった時のことを考えるとあまりおすすめはしません。 妊婦さんに何かあった時に遠慮なく頼ることができる人と一緒に行くのが良いで […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月24日

安産祈願はいつ行くのが良いのか|仏滅でも戌の日以外でも大丈夫

安産祈願は基本的には仏滅に行っても問題ないと言われています。なぜなら、神社の参拝や祭事と、大安や凶などを表す「六曜」は関係がないと言われており、仏滅に安産祈願をしたからといって縁起が悪いということにはならないと考えられているためです。つまり、「安産祈願を縁起の良い戌の日に予定していたら、仏滅だった」 […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年3月28日

安産祈願は6ヶ月目でも大丈夫|5ヶ月目の戌の日以外でも問題なし

安産祈願は5ヶ月目に行うものであるという風習がありますが、必ずそうしなければ、安産祈願の効果得られないということではありません。都合や体調によって6ヶ月になっても、どの時期に行っても問題ありませんのでご安心ください。また、戌の日が縁起の良い日と言われていますが、これもこだわりすぎる必要はありません。 […]

  • 2020年1月17日
  • 2020年1月17日

ひな祭りの歌詞の間違いと本当の意味|怖いと言われる理由も

ひな祭りに歌われる「たのしいひなまつり」には、2箇所間違いがあるという事をご存知でしょうか。 1つ目は、最上段の二人のうちの男性を「お内裏」、女性を「お雛様」と歌っているところです。ただしくは「お内裏様」で最上段の男女2人を指し、お雛様で雛人形全体のことを指しています。 2つ目は、赤い顔をしている方 […]

  • 2019年12月29日
  • 2020年3月28日

戌の日の安産祈願|腹帯の持っていき方や持参する時の注意点

戌の日の安産祈願に持参する腹帯の持っていき方には、特に決まりはなく、風呂敷に包んでも、買った時の包みのまま持って行っても問題はありません。しかし、持参した腹帯は祈祷を受ける際に、神主さんをはじめとした、同席している人の目にさらされることになる可能性があるということを意識し、人に見られても恥ずかしくな […]

  • 2019年12月27日
  • 2020年1月10日

人に教えたくなるひな祭りの話5選|歌の誕生秘話・驚きの決まり事

毎年お祝いしている「ひな祭り」について、由来や食べる食べ物の意味などは、あまり詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。 ひな祭りは、雛人形に女の子のけがれを移し、身代わりになってもらうことで、今年1年の健康を祈る行事です。長い年月をかけて、だんだんと現在のような風習が出来上がったと言われる […]

  • 2019年12月27日
  • 2020年1月7日

戌の日の安産祈願にふさわしい男性の服装を季節ごとに解説

男性の戌の日の安産祈願の服装は、特に「これでなくてはいけない」という決まりはありません。神社などの神聖な場所で行うため、シャツ+パンツ+カジュアルシューズなど、最低限のマナーを守った服装であれば良いのです。もちろん、スーツや礼服などのフォーマルな格好でも問題ありません。 安産祈願に行く頃の妊婦さんの […]

  • 2019年12月20日
  • 2019年12月23日

2人目以降のひな祭り|1人1組が原則の雛人形の飾り方を解説

ひな祭りの雛人形には女の子のけがれを移し、身代わりとなってくれる役割があります。「1人の女の子を厄から守ってくれる」と考えられているので、次女三女と女の子が誕生した場合、それぞれ1組の雛人形を用意し、お祝いするのが基本とされているのです。 しかし、それはあくまで理想であり、現在の住宅のスペースの問題 […]

  • 2019年12月19日
  • 2019年12月21日

ひな祭りの由来|子供にわかりやすい説明と大人向けの詳しい説明

ひな祭りの由来を子供に聞かれた時にわかりやすく説明するには、ひな祭りは雛人形に女の子のけがれを移し、身代わりになってもらうことで、今年一年の健康を祈る行事であるというポイントを簡単な言葉で伝えるのが良いと思います。 「ひな祭りは〇〇ちゃんが今年一年健康でいられますようにってお願いするためのお祝いごと […]

  • 2019年12月16日
  • 2020年1月9日

ひな祭りの決まり事|お祝いする年齢と雛人形を飾る期間を解説

ひな祭りのお祝いを始めるのは生まれてからすぐが良いとされていますが、終わりには特に決まりがありません。 ひな祭りは、雛人形を飾ることで「厄よけ」や「けがればらい」をし、女の子の健やかな成長を祈る行事です。 そのため、自分の娘を大切に思い、ひな祭りのお祝いをすることで守ってもらいたいという思いがある限 […]